診療内容

  • HOME »
  • 診療内容

アトピー性皮膚炎

大阪難波皮膚科

アトピー性皮膚炎の原因あるいは憎悪因子には、アレルギー的なものと、非アレルギー的なものがあります。治療は、外用のステロイド、タクロリムス(免疫抑制剤)、非ステロイド、保湿剤などと、内服の抗アレルギー剤などが中心となりますが、生活習慣の見直しも相談させて頂きます。
アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりしながら経過する場合が多いので、治療法を選択する時は常に患者さんと二人三脚で治療に取り組みます。

皮膚炎・湿疹

なんば心斎橋皮膚炎

手湿疹(家婦、職業性)、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏症湿疹、おむつ皮膚炎、酒さ様皮膚炎、汗疱状湿疹など、
湿疹や皮膚炎は様々な種類があり、それぞれの状態に合わせた治療が必要です。

ニキビ(尋常性ざ瘡)

大阪難波皮膚科

それぞれの肌の状態と、ニキビの症状にあわせて外用のお薬を処方しております。膿んだニキビには、抗生剤内服の処方も検討します。
また、ニキビに対してのお肌のお手入れや生活習慣などについてもご説明させて頂いております。

白癬(水虫など)

水虫難波皮膚科

水虫の原因の真菌(カビの一種)について顕微鏡による検査、必要であれば真菌の培養検査を行い外用療法を中心に治療します。
爪白癬(爪の水虫)については内服療法が必要な場合があります。

その他

じんましん、イボ、タコ、しみ、やけど、脱毛症、ヘルペスなど皮膚に関する様々な病気の相談をうけます。

PAGETOP
Copyright © 川崎皮膚科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.